ガジェット

【圧倒的に乾きやすい!】今治認定ミニバスタオルがバスタオルに最適

突然伺いますが、
バスタオルってどれくらいの大きさのモノ使ってますか?

常識的な方ですと70×140cmくらいの
大きなバスタオルをお使いではないですか?
一般的ですよね!実に一般的!

ただなぜ今回この記事を書いたかというと、
バスタオルがバスタオルのサイズがなくても十分使えるということが証明されたからです!

そう、
フェイスタオルのサイズに限りなく近い
コンパクトバスタオルサイズで十分なんです、バスタオルは!
しかも今治産ではなく今治認定のタオル!!!

いまではずっとこれでいいね!
なんて言っちゃうほど気に入っているタオルです。

小さめなミニバスタオルを買ったきっかけ

もともと実家にいた時はドデカいバスタオルを使いまわしてました。
なぜなら実家には乾かすところもいっぱいあって邪魔にならないし、
洗濯機に入れておけば数日後にはふわふわの状態でラックに置かれている天国状態でしたから。

改めて検討しなおしたきっかけは今の奥さんと「同棲」を始めたから。

初めて借りた賃貸物件は
今まで住んでいた一軒家とは比べ物にならないほど狭く、収納も少ない。

またあのデカくて乾きづらいバスタオルを
毎回毎回洗って干してなんて「やってられるか!」といったところ。

そこから奥さんと数回の議論を重ね
小さめのバスタオルでよくね?と結論に至ったわけです。
ダメなら大きいの買えばいいし。ね!

なぜTRANPARANの今治認定ミニバスタオルを選んだのか

タオルを選ぶ上でいくつかこだわりたいポイントがあるんですが、
それを満たしていたのがTRANPARANの今治認定ミニバスタオルだったんです。

こだわりたいポイントは
・今治認定であること
・大きすぎないサイズ感
・乾きやすさ
・ガシガシ使っても問題ない価格

大きくこの4つだったんですけど、
TRANPARANの今治認定ミニバスタオルはこれを超えてきた!

ちょっと細かく追っていきましょう!

今治産ではなく今治認定のバスタオル!

今治タオルというとよく見るのが、
今治産タオルと今治認定タオルの2つ。
同じように見えて全く違うですねこれが。

そして今治産タオルになくて、
今治認定タオルについているものといえばこれ!
認定タグ!

この認定タグがついているものが今治認定タオルなんですね。
それ以外の今治産タオルは認定されていない普通のタオルといっても過言ではありません。

じゃあ今治産タオルと今治認定タオルで何が違うんだよ!って思いますよね。
それは「独自の品質基準に適合しているか否か」です。

品質基準はこちらをご覧になってください。
今治タオル認定の品質基準とは?

ご覧いただければわかる通り、
特に「タオルとしての機能」についてかなり多くの基準があり、
この基準をクリアしているのがタオルに認定タグが与えられ、
晴れて今治認定タオルと名乗れるけです。

主に吸水性と耐久性を重要視している検査で、
代表的な検査だと「5秒でタオルが水に沈むか」
要は新品の状態からでも吸水性がしっかりあるかどうかを確かめるもので、
よくある買ってすぐの吸水性のないタオルと差別化したいわけだ!

あとは洗濯をしても固くならないかどうかの検査だね!

このタグがあれば吸水性は間違いないし、
固くなりずらいしでそんな機能の保証をされているから、
間違いないんですよね!

絶妙なサイズ感

ハンガーで乾かせる
邪魔にならない
ちなみにフェイスタオルのサイズは31×79cmで
今回紹介したいコンパクトバスタオルのサイズは38×109cm
一般的なバスタオルのサイズは70×140cm

薄手でかさばらない・乾きやすいから悪臭が出ずらい

まずね、薄手っていうのがいいんです。
ただでさえ通常のバスタオルより小さいうえに、
かさばらないから収納が少ない賃貸物件にはうってつけ!

それにね!薄手だから乾きやすい!これ重要!
なんで乾きやすいのがいいかっていうと、
1番は悪臭が出ずらくなる!

これは実家でデカいバスタオル使ってた時と
比べ物にならないくらい臭いがしなくなった!

なんで臭くなるかというと
乾く前に雑菌が繁殖しちゃうからなんだよね。
だったら早く乾けばいい!
雑菌が繁殖しないから、そこまで神経質に洗わなくてもよくなるし、
洗う回数が減れば負担も減るし水道代電気代の節約にもなる。

いいことづくめなんだな!
買わない理由・変えない理由あるかしら?

安いということ

肌に触れるものだから高いものをって考えもあるかもしれないけど、
高いからって安全?高いからって高品質?高いからって肌に合う?
ってのが僕のスタンス。

とりあえず安いものから試していければ、
無駄な出費なくなるでしょ?
しかも最低限の機能を保証してくれている今治認定なら、
失敗の確立も随分減るだろうし。

経験上、高級ブランドのタオルもいくつか使ってきたけど、
当たりはずれはまじで色々。
全然吸わないのもあるし、
早々に糸がぽろぽろ抜け落ちたり、
ストッキングの伝線みたいに糸が引っ張られたり・・・

だから安くてよさげな今治認定タオルから使えばいいのですよ。
使えないタオル1枚に5,000円とか払って失敗だったら最悪でしょ。

【+α】タオルソムリエが作っていること

今治タオルにはその良さを広げるために「タオルソムリエ」の認定試験があるらしい。
野菜ソムリエとか温泉ソムリエみたいな感じかな笑

こだわりのある人が確認することでクオリティのチェックができてるなら、
それに越したことはないですね。

あくまでも+αであれば嬉しいくらいのもんです。

3年使った現在のTRANPARANの今治認定ニバスタオルの評価

結果から申し上げると、

これでいいよ!別にこれ以上いらない!

が3年使った結果の評価です。

これ以上のバスタオルを求めるのであれば、
それは企業の取り組みや人に惚れるしかないのかなと思いますね。
例えばIKEUCHI ORGANICのタオルとこかね!憧れるよマジで!
いつか買いたい逸品!

まぁでも今回はそんなことも知らないときに買ったタオルで、
これあれば十分じゃんといった結果を得れた奇跡的なめぐり逢いタオル。

そんなTRANPARANの今治認定ニバスタオルの評価を細かくしていきます!

【★5】サイズ感

まずはサイズ感ですよ!
ほんとこれが最高!

・畳んでかさばらない
・体に付いた水は確実に拭きとれる
・ハンガーで乾かせる

【★4】速乾性・対臭性(オリジナルワード笑)

サイズ感と薄手なつくりで実現している速乾性と、
速乾性による対臭性がほんといい!

・洗濯してすぐ乾く
・すぐ乾くから匂わない
・匂わないから毎回毎回洗濯しなくていい
・洗濯の際もかさばらないから2回に分けなくていい
・大量の洗濯物とミニバスタオルを乾燥機にいれてもまぁ乾く

【★5】柔らかさの変化

この記事書くにあたって、
来客用として買ったが使っていない白タオルと
3年使い込んだネイビーとブラウンのタオルの柔らかさを比べてみたんです。

なんとですね、柔らかくなってたんです笑

もう一度いいますね!柔らかくなってたんです!!!!!

普通、ガシガシに固くなるもんですけど、
柔らかくなってたんです!!!!!

「どういった理由かはわからない、実際そうだったんだからそれでいい」
By Mr.Children「跳べ」

【★5】糸の抜け方

太陽に透かして見たんですけど、
これまた変わらない。
光の抜け具合が全く一緒。

これみてもわかる通り、
光をかなり通すほど薄くできているのに、
吸水性があるというのが不思議ですよね・・・

「どういった理由かはわからない、実際そうだったんだからそれでいい」
By Mr.Children「跳べ」

【★5】頑丈さ

そりゃ引っかかったりなんなりで、
ところどころ糸がぴょろんぴょろんしてる場所はあるけど、
「穴あきそう」とか「なんかここから切れそう」なんてところは一切ない。

薄いのに!
薄いのに一切ない!

「どういった理由かはわからない、実際そうだったんだからそれでいい」
By Mr.Children「跳べ」

【★5】色落ち・色移りしない

買ってこのかた色が薄くならないし、
白いTシャツなんかと一緒に洗っても色移りしない。

まとめ

買ってみなはれ!