蕎麦

茅場町 長寿庵で粋な蕎麦を食べてきた

茅場町長寿庵

石原さとみが東京メトロのCMで訪れたことでも有名な
茅場町 長寿庵

Find my tokyo茅場町編でも取り上げられてます

僕の職場からも近かったんですが、
看板だけ見えてお店がどこにあるかわからなかったので、
なかなか訪問できずにいました笑

そんなお店に奥さんと行ってきましたが、
そばはうまいし女将さんの接客は凄いし!
そんな茅場町 長寿庵をご紹介します。

創業100年超え!茅場町 長寿庵の成り立ち

そもそも「長寿庵」とは関東で有名な「砂場」や「更科」といった3大蕎麦グループの1つで、
どの系統のグループから暖簾分けしたかよくわかります。

茅場町 長寿庵はその長寿庵グループから
1907年(明治40年)に暖簾分けをされてできた
創業100年を超える東京下町の老舗店。

また長寿庵は江戸時代に創業しているので、
茅場町 長寿庵では江戸時代からの歴史を感じることができます。

茅場町 長寿庵 INFO

永代通りと新大橋通りが交差する茅場町1丁目交差点にお店を構えいるが、
蕎麦屋らしい雰囲気はなく長寿ビルという名のビルがある。
その1階から地下にいくと長寿庵があります。


創業は100年を超える建物には見えないと思いますが、
現在のビルは平成2年のバブル期に建設したとのこと。
老舗とバブルの雰囲気を同時に味わえる不思議な店舗です。

地上の入り口
茅場町 長寿庵

地下の入り口
茅場町 長寿庵

まさかの茅場町駅から徒歩10秒という近さ

営業日
[月~金]
11:00~15:00
17:00~21:30
[土]
11:00~15:00
17:00〜20:00
※祭日は休業

電話番号
03-3666-1971

茅場町 長寿庵のメニュー

茅場町 長寿庵

ー寒ーと書かれた欄には4種
冷たい蕎麦の「せいろ」を中心とした「天せいろ」や「鴨せいろ」に
トッピングの海苔や胡麻汁、おかわりのせいろがありました!
近所の蕎麦屋ではー冷たいお蕎麦ーなんて書かれたりしていますが、
ー寒ーと食べた後の季節感というか感覚を表現しているのが粋だねぇ!てやんでい!

ー土用ーと書かれた欄には19種類
暖かい蕎麦が15種、うどんが4種のラインナップ。
蕎麦はシンプルな「かけ」や「たぬき」から「天ぷらそば」「鴨南蛮」まで!
うどんはシンプルな「かきたま」や「鍋焼きうどん」まで!
土用は夏のイメージが強いので食べた後の温かさが伝わる表現が粋だねぇ!てやんでい!

ー丼ーは文字通り丼物が6種類
蕎麦屋のかつ丼うまいよね!てやんでい!
※木の葉丼(このはどん)は薄く切った蒲鉾と青ねぎを鶏卵で綴じた丼物

ー特製品ーと書かれた欄に6種類
別製と書かれた天ぷらそばにせいろの蕎麦2種に
わさびかまぼこ(板わさ)等の酒のあてが4種。
飲みたくなるじゃねぇかい!てやんでい!

ー甘味ーの欄には2種類。
「きなこそばがき」と「そばぜんざい」・・・美味しそうでい!

ー季節品ーの欄には5種類
そばが中心ですけど、そうめんもありますね!
夏に食べたくなるやつ!てやんでい!

テーブル横には立てかけられた定食のメニューも!
茅場町 長寿庵
御定食には5種類。
グランドメニューにはなかった刺身がつく定食や、
長寿御前には刺身・天ぷら・焼き物がつく豪華な定食まで。
ちなみに2018年の12月に訪れた際はカキフライ定食もありました!

裏にはグランドメニューにはないそばが!
茅場町 長寿庵
一番上には目的としていた「胡麻切せいろ」が隠された状態でありますが、
そばを中心に6種とかき揚の3種がラインナップされています。
「胡麻切せいろ」たべたかったな~

茅場町 長寿庵の天せいろ(1,700円)

まずはこのセットが届き
茅場町 長寿庵

そして来ました天せいろ!
茅場町 長寿庵

そばは二八蕎麦で細めだがコシが強い!
香りもいいね!

そば汁は旨味が強く少し甘く感じる。
「更科は甘く、やぶは辛い」とはよく言われますが、
「長寿は旨い?」でしょうか笑

注目は天ぷら。
想像よりも大きい海老の天ぷらが2本もついてきて、
野菜の天ぷらはみょうが!
海老はもちろんぷりぷりあつあつで美味しいのですが、
初めて食べたみょうがの天ぷらが何とも言えない美味しさ!

ちなみに私流のそばの食べ方はこれ
茅場町 長寿庵
薬味をそば汁には入れず、
そばに七味をかけてそば汁に浸して食べるのが好き!(おばあちゃんの真似ですが)
食いしん坊な会社の上司もこのように食べていたので、
一定数このように食べているのかもしれませんが、
やったことない人にはぜひ一度お勧めしたいです!

奥さんはこの食べ方を知ってから、
せいろは薬味を使わず七味でたべていますよ笑

そば湯は食べている途中に持ってきていただけますが、
ちょいトロ系で濃度もいい感じ!
そば汁に旨味があるので、そば湯で割っても旨い!
※最高濃度は亀有の吟八亭 やざ和

少し残念だったのがそば汁と天汁が同じ容器になってしまうこと。
そば汁でたべる天ぷらはもちろん旨いけど、
どうしてもそばに油の香りが乗ってきちゃうんですよね。

今度は別皿もらえるか聞いてみよう!

茅場町 長寿庵のゆず切りせいろ(950円)

茅場町 長寿庵
奥様は胡麻切せいろの代わりにゆず切せいろ

色も少し柚子の黄色を帯びていて、
柚子の香りも強すぎず弱すぎずで
そばの香りとのちょうどいい融合。

次に注文するならゆず切せいろだなと思うくらい美味しかった!

石原さとみ注文の「天ぬき」は?

天ぬきはどこを探してもメニューにありません。
ですので基本的には裏メニュー扱い。

注文すれば提供してくれるかもしれませんが、
それは常連さんができることであって、
新参者は礼儀に反するのかなと思います。

注文するのであれば、
常連さんに連れて行ってもらうのがいいかもしれませんね!

茅場町 長寿庵は接客が素晴らしかった

実は3年前に訪れて以来3回目の訪問でしたが、
なんと女将さんが私の顔を覚えてくれていたみたいで、
「数年前にいらっしゃってくださいましたよね?また来てくださいね!」
とお声かけいただきました。

また年末でしたので、
常連さんがいらっしゃると板長が挨拶にいらっしゃってました。

そばの旨さや時代に合わせたメニューの変化もあると思いますが、
創業100年を超えるにはこのような「接客」がモノを言うのかと感じましたね

旨いそば屋は都内に山ほどありますが、
再び訪れたいと思うには味以上に「人」の存在が茅場町 長寿庵にはありました!

茅場町 長寿庵で歴史と人を感じよう

茅場町 長寿庵のそばは美味しいです。
種類も豊富で飽きさせない工夫があります。

そこに至る100年以上の歴史や平成に建てられたビル、
受け継がれる接客を通して
江戸~明治~大正~昭和~平成の歴史を感じてみてください。